【必見】セブンウォーターを最も効果的に飲むには |特に夏場にはこの方法で

【必見】セブンウォーターを最も効果的に飲むには

 

 

体内に発生した悪玉活性酸素を最も効果的に、素早く体外に排出してくれるのが水素水です。

 

中でも業界最高濃度の水素水それがセブンウォーターです。

 

セブンウォーターは他の水素水とは違いつくりたてを飲めるので、業界最高濃度の7.0ppmというとんでもない数値をほこります。

 

 

水素を取り込む場合は、できるだけ濃いほうが効果があるので同じ飲むなら濃いものを選んでください。

 

余分な水素は呼気や細胞の間をすり抜けて体外に排出されるので、副作用の心配は一切ありません。

 

さてそんなセブンウォーター水素水ですが、作る際には水はもちろんお茶やジュースなどでも水素水を作ることが出来ます。

 

しかし、スポーツをする前にはこの作り方をしたほうが効果が高いと聞いたので、最近ではこの方法で水素水を作っています。

 

特に真夏に運動をする場合におすすめです。

 

その方法とはOS水(経口補水液)にすることです。

 

作り方はとっても簡単です。

 

経口補水液500ml(500cc)を作る場合の、水、塩、砂糖の分量 (付属のペットボトル1本分)
【材料】
水 500 ml
塩 1.5g (小さじ3/10)
砂糖 20g (大さじ2と1/5)

 

 

経口補水液1リットルを作る場合の、水、塩、砂糖の分量 (付属のペットボトル2本分)
【材料】
水 1リットル
塩 3g (小さじ1/2)
砂糖 40g (大さじ4と小さじ1強)

 

 

100%ジュースを使っても出来ます。
100%リンゴジュースなら720ml、100%ミオレンジジュースは400m)、100%グレープフルーツジュースの場合は450ml。

 

これらなかで好みのものに塩(3g)と水を混ぜて合計1リットルになるようにしてください。

 

これらを作ってからセブンウォーター水素水の水素発生剤を入れて24時間待つだけで、夏場の運動に最適な水素水が出来ます。

 

ここで注意することは水素発生剤を入れて24時間待つ場合は必ず冷蔵庫に入れることと、できればペットボトルに直接口をつけて飲まないことです。

 

いずれも雑菌の繁殖を防ぐためです。

 

また、使用後のペットボトルはキレイに洗ってから次の水素水をつくりましょう。

 

夏場の運動は運動による悪玉活性酸素の発生だけでなく、紫外線による悪玉活性酸素の発生も多くなりますので、運動の前後はもちろん運動中でも水素水を補給するようにしましょう。

 

既製のパウチ入りの水素水ではこのような方法は出来ませんが、セブンウォーター水素水ならこういった飲み方も出来ます。

 

悪玉活性酸素を防ぎながら、運動による脱水症状も防ぐ、セブンウォーターならそれが可能です。

 

また、セブンウォーターはもともと7.0ppmという高濃度水素水なので、作りたてすぐで7.0ppm、1時間後には6.0ppm、2時間後でも5.0ppmの水素濃度があるので、夏場のマラソンなどのトレーニングでも十分効果が得られる水素濃度があるので安心です。

 

3時間以内には飲み干すようにするのがベストです。

 

 

セブンウォーターの通販での注文や購入方法、購入時の送料はどのくらいかかるのか、無料になるのか、お試しセットがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Facebook、Twitter、などのSNS、公式サイト、@コスメや楽天、amazon、ドラッグストア、薬局、店舗、などの情報を調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試し、無料サンプルやトライアルの体験談や評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にセブンウォーターを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値や格安価格お得な割引などセブンウォーターについての購入時のお得情報も調べています。


このエントリーをはてなブックマークに追加